花束の裏に隠れたメッセージとは?色で異なるバラの花言葉

一度はもらってみたい?情熱の赤バラ

男性からプレゼントされるイメージのあるバラですが、色によって込められた意味が違うのは知っていましたか?今回は、そんな色によって異なるバラの花言葉をご紹介します。まずは、赤色です。多くの人はバラと聞いて赤いバラをイメージするのではないでしょうか。赤いバラには「情熱」「愛情」という意味が込められています。「I love you(あなたを愛しています)」という花言葉を持っているので、プロポーズの時などに恋人へのプレゼントとして贈られることも多い色です。赤色の濃さによっても意味が変わるので、プレゼントにするときはそこまで考えてみるのも素敵です。

真っ白で純粋なイメージの白バラ

白いバラも見かけることが多いのではないでしょうか。上品なのに、どこか可愛らしさを感じるような白いバラには「純潔」「深い尊敬」という花言葉を持っています。「約束を守る」といった意味や「私はあなたにふさわしい」という意味も持っています。プレゼントに赤いバラをもらうのは何だか恥ずかしさを感じてしまう方もいると思いますが、白いバラは上品で花言葉も恋人へのプレゼントに素敵なのではないでしょうか。また、白いバラのつぼみは「少女時代」という花言葉を持っています。どのぐらい咲いているのかで意味が違うなんてとても面白いですよね。

可愛らしいイメージをもつピンク色のバラ

女性の方も好きな人の多い、ピンク色のバラは「しとやか」「上品」という花言葉を持っています。柔らかい印象のピンク色のバラはなんだかおしとやかな女性を表しているようにも見えてきます。ピンクのバラといっても、白に近いものからショッキングピンクのようなはっきりとした色合いのものまで様々です。色の濃さによっても意味が違い、ダークピンクのものには「感謝」という花言葉があります。母の日にはカーネーションを贈ることが多いですが、感謝の気持ちを伝えるためにピンクのバラを贈るのも素敵ですよ。

婚約指輪は、主に男性から女性に贈られる指輪です。婚約が成立した証となります。元々は欧米諸国の習慣でしたが、日本に伝わり浸透しました。