少人数もアリ!身近な人を招く結婚式のススメ

変わりゆく結婚式のかたち

結婚式を計画されているみなさま、おめでとうございます。これから式場選びや、ゲストに誰を呼ぼうかなど、決めていくことがたくさん出てきますね。まずは、どのような形で行いたいですか?結婚式、披露宴と聞くと、同僚や友達を呼んで賑やかにお祝い、というイメージがつきものです。しかし、本当に親しい友人、家族だけに囲まれて祝福されたい、という声も増えてきているのです。近年、平均初婚年齢は年々増加しています。結婚する二人の年齢が上がると、結婚式・披露宴の形態にも影響が出てきます。大きな変化のひとつとして、招待客の減少が挙げられます。

なぜ、結婚式を挙げるの?

結婚式を挙げる理由を、考えたことがあるでしょうか?それは、夫婦の数だけ様々な思いがあるのものですが、育ててくれた両親に感謝の気持ちを伝える、というのがいちばんなのではないでしょうか。普段は恥ずかしくて言えない気持ちも、結婚式・披露宴の中で伝える場が作られると、素直に手紙にできたりするものです。そして、結婚式を行うことによって、お互いの家族同士の結びつきも生まれます。自分がどんな相手と結婚したか、を親族や親しい友人に紹介することによって関わり合いが生まれ、まだ経験の浅い夫婦を手助けしていこう、という支え合いの気持ちを広げるきっかけにもなるのです。

二人が納得のいく結婚式を

結婚式を挙げる夫婦の年齢変化や、結婚式の意味を考えることによって、お世話になった人に対して心からの感謝の気持ちを伝え、おもてなしをしたい、という思いが強くなります。ゲストひとりひとりに行き届く式を挙げるとなると、自然と家族や本当に親しい友人だけを招いた結婚式になります。規模の大きい披露宴になると演出も多くなり、招待した人たちとの会話もままなりません。ですが、少人数であれば、食事と会話をゆっくり楽しみながらアットホームな雰囲気でお祝いの時間を過ごせます。従来の流行や周りの慣習に流されず、心のこもった結婚式・披露宴が行えるよう、準備を進めてみてはいかがでしょうか。

家族婚とは、親、兄弟、近しい親戚を招待し行われる結婚式のことを言います。アットホームな雰囲気と、低コストで行えることが魅力とされています。